話題の「GLP-1ダイエット」とは?メリット・デメリット、保険適用の有無、肥満外来との比較も!

皆さんは、テレビや雑誌などで話題の「GLP-1ダイエット」をご存知でしょうか?

なんでもGLP-1というホルモンの力を利用したダイエットらしく、無理なく痩せられる方法として注目を集めています。

Chie
「無理なく痩せられる」というフレーズ、私の通っていた肥満外来と似ている……!

これは調べてみるしかない、ということで、今回はGLP-1ダイエットについて徹底調査。GLP-1ダイエットの仕組みや方法、メリット・デメリット、保険適用の有無、巷に流れている嘘まで、どこよりもわかりやすく解説します。

 

1. GLP-1ホルモンとは?

Chie
まずはGLP-1ダイエットの肝である「GLP-1ホルモン」について説明しますね。

 

GLP-1ダイエットとは、体内にもともと存在するGLP-1ホルモンを利用してダイエットする方法です。

GLP-1ホルモンは、人間の腸内に存在する「消化管ホルモン」の一つ。正式名称は「グルカゴン様ペプチド-1」というそうです。

美容の世界では「痩せホルモン」とも呼ばれており、GLP-1ホルモンの不足している人は太りやすく、多い人は痩せやすいと言われています。

 

そんなGLP-1ホルモンですが、皆さんが食事をして、消化したものが小腸の出口の近くにたどり着くと分泌されます。主な働きは以下の2つ。

  • インスリンの分泌を促し、血糖値の急激な上昇を抑制する
  • 満腹中枢を刺激し、食欲を抑制する

 

血糖値が一気に上がると、エネルギーとして消費しきれなかった糖質が、脂肪へと変換されます。そのため、GLP-1ホルモンによって血糖値の上昇を緩やかにすることは、体を太りにくくするために有効です。

さらにGLP-1ホルモンは、脳にある満腹中枢に「もう満腹だから食べなくても大丈夫」というシグナルを発信します。逆にGLP-1ホルモンが不足していると、脳は満腹感を感じられず、お腹はいっぱいなのに食べ過ぎてしまうことに繋がります。

Chie
ほかにもGLP-1ホルモンは、胃酸の分泌を少なくしたり、胃のぜん動運動を抑えたりするとか。これにより、少量の食事でも満腹になりやすくなる効果を認められています。

 

しかし、肥満の人は、血中のGLP-1ホルモンの濃度が上がりにくいと言われています。

痩せるために必要なホルモンなのに、実際には太っている人ほどホルモンの量も減ってしまう。肥満の人の体内では、こうした悪循環が発生してしまっているのです。

 

2. GLP-1ダイエットとは?

このような効果を持っていることから、GLP-ホルモンの注射は、糖尿病の治療にも使われています。このお薬の名前を「GLP-1受容体作動薬」と言います。

Chie
GLP-1受容体作動薬の一部は、脳梗塞や心筋梗塞を防止する効果もあるそうです。動脈硬化のリスクの高い糖尿病の患者さんにとって、これは大きなメリットですね。

 

本題はここからですが、GLPダイエットとは、そんなGLP-1受容体作動薬を注射することで、肥満を解消するダイエット方法です。

従来のダイエットのように無理な食事制限をしたり、激しい運動をする必要はありません。食欲を抑えてくれるため、空腹を我慢するシチュエーションそのものが発生しないのです。

日本ではあまり広まっていませんが、肥満大国のアメリカやヨーロッパでは、肥満の治療の一種として以前から普及しています。

 

とはいえ、これだけを聞くと、

  • GLP-1ホルモンを強引に増やしたら、食欲も一切なくなりそう
  • インスリンを必要以上に活発化させてしまい、低血糖になるのでは?

なんて危惧してしまう人も多いのではないでしょうか。

 

ですが、GLP-1受容体作動薬は、GLP-1ホルモンをダイレクトに注入するのではなく、あくまでもGLP-1ホルモンの分泌を促進させるお薬です。そのため、GLP-1ホルモンを過剰にしてしまうリスクは低いと言われています。

そもそもGLP-1ホルモンは、食事をして血糖値が上がったタイミングで分泌されるホルモンです。つまり、お薬を投与しても、血糖値が上がらない限りはGLP-1ホルモンも分泌されないので、低血糖になる心配はありません。

 

Chie
また、ダイエットのために処方されるGLP-1受容体作動薬は、糖尿病の患者さんと比べて少量。総合的に見て、GLP-1ホルモンを過剰にしてしまうケースは少ないと判断して良さそうです。

 

3. GLP-1ダイエットの方法は?

そんなGLP-1ダイエットですが、主な方法は2つあります。

  • 病院やクリニックで注射を打ってもらう方法
  • 自分で注射を打つ方法

それぞれの手順を説明しますね。

 

病院やクリニックで注射を打ってもらう

もっともポピュラーなのが、病院やクリニックに通院して注射を打ってもらう方法です。一部の肥満外来や美容外科などで行われています。

一般的な通院と同様、まずはカウンセリングで適性などを判断し、定期的に注射を打ってもらいます。通院のたびに問診を受けられるため、体の不調や副作用などをフォローしてもらえるのは心強いですね。

通院の頻度はクリニックによって異なりますが、毎日〜週1回のところが多いようです。初回のお試しコースなどを設けているクリニックもあるので、気になった人は試してみるのも手かもしれません。

 

自分で注射を打つ

また、GLP-1ダイエットでは、自分で注射を打つ方法もあります。私も反射的に「怖い」「失敗しそう」と思いましたが、そんなに物騒な方法ではないようです。

 

まず、GLP-1ダイエットの注射器は、皆さんの想像するシリンジ型の注射器ではありません。ペンのような形をしており、ダイヤルの目盛りを合わせてボタンをプッシュするだけで、決まった用量の液体を注入できる仕組みになっています。

針も極めて小さく、目に見えないほどの極小サイズもあるとか。注射を打つのはお腹の付近で、痛みも少しチクっとする程度らしく、慣れたら誰でも続けられそうです。

 

注射の頻度は、こちらも毎日〜週1回

初回はカウンセリングを受けるために、病院やクリニックに足を運ばないといけませんが、なかにはオンライン診療を実施しているところもあります。その場合、オンライン診療によって適性のチェック後、注射キットが送られてくる流れのよう。

Chie
遠隔ですべてを完結できるのは、忙しい現代人にとって嬉しいポイントですね。

 

GLP-1ダイエット、保険は適用される?

なお、GLP-1受容体作動薬は、海外では肥満の治療薬として普及しているものの、国内では糖尿病の治療薬としてしか認可されていません

そのため、ダイエットのために注射を打つ場合、保険は適用されずに自由診療の扱いになります。

 

4. テレビで話題の「サバ缶」によるGLP-1ダイエットは嘘?

ちなみに、こうした注射による方法のみならず、食事によってGLP-1ホルモンを増やす方法もあると言われています。

テレビでも最近、サバ缶に多く含まれるEPAを摂取することで、GLP-1ホルモンを増やせることが話題になりました。

ですが、これはどうやら医学的根拠のない方法のようです。医師の方の監修した記事によると、医学的な論文などもほとんど存在しないらしく、エビデンスの乏しいままテレビの力によって拡散されてしまったのが実情だとか。

 

また、そこから派生して「GLP-1ホルモンを分泌させるEPA配合のサプリ」なんて商品も販売されています。これも医学的根拠のないサプリなので、購入にあたっては慎重にならないといけません。

Chie
サプリに限らず、ダイエット業界にはこうした嘘も蔓延しているので、本当に効果のあるものをしっかりと見極めることが大切ですね……。

 

5. GLP-1ダイエットのメリット

ここからは、GLP-1ダイエットのメリット・デメリットを見ていきましょう。まずはメリットを紹介します。

 

ストレスフリー

最大のメリットは、やはりストレスが少ないことです。

ダイエットには多かれ少なかれ、ストレスが伴います。そして、過度な食事制限や運動を続けていると、やがて限界が訪れてリバウンドしてしまいます。

そうして「痩せられない自分」を責めるようになると、もう大変。ストレスはさらに増し、脳はそこから解放されるために食事を求めるようになります。無理なダイエットは、こうした悪循環を引き起こしてしまうのです。

ダイエットにおいて大切なのは、精神的な負担を減らすこと。GLP-1ダイエットなら食欲が自然と減るので、我慢している感覚を最小限に抑えられます

 

時間コストが少ない

自分で注射を打つ場合に限りますが、GLP-1ダイエットは時間のかからない方法です。

多くても1日1回、1〜2分かけて注射を打つだけですからね。通院も月に1回程度で、オンライン診療を受け付けているパターンもあります。

忙しい主婦やサラリーマンにとって、ジムに通ったりウォーキングなどの有酸素運動をしたりするのは、時間の捻出が難しいです。食事制限をするにしても、そのための計画を立てたり情報を取得したりするのは、かなりの時間コストを要求されますよね。

その点、GLP-1ダイエットなら、生活スタイルを変えることなく自宅で治療に取り組めます。これは大きな利点でしょう。

 

優れた安全性

日本ではあまり認知されておらず、懐疑的な見方も多いGLP-1ダイエット。ですが、アメリカでは2014年12月、ヨーロッパでは2015年3月以降、肥満の治療薬として医療の現場でも認可されています。

この安心感は大きいと思います。なぜなら、実は肥満の治療薬は、副作用を憂慮してめったに承認されないから。肥満の治療薬のほとんどは、脳へとダイレクトに働きかけて食欲を抑えるなど、デリケートな作用を持っています。

ですが、GLP-1ホルモンは、もともと体内に存在するオーガニックなもの。したがってGLP-1受容体作動薬にも、合成化学薬品のような副作用はありません。GLP-1ダイエットは、優れた安全性を担保された方法なのです。

 

6. GLP-1ダイエットのデメリット

さて、ここまでGLP-1ダイエットの良い点ばかりを話してきましたが、やはりデメリットも存在します。しっかりと頭に入れておきましょう。

 

副作用も存在する

安全性の高いGLP-1ダイエットですが、決して副作用がないわけではありません

よくあるのが、治療の初期における吐き気や頭痛です。これは注射の効き目が強すぎることによる症状なので、医師の手でしっかりと用量を調整しないといけません。ですが、月に1回程度の通院やオンライン診療では、それは難しいケースも出てきます。

Chie
糖尿病の患者さんに投与した場合、低血糖や腸閉塞といった重大な副作用に繋がるケースもあるとか。肥満の人は糖尿病を患っていることも多いので、これは注意が必要ですね。

 

そもそもGLP-1受容体作動薬を安全に使用するためには、本来なら糖尿病の専門知識が必須だと言われています。患者の代謝などを総合的に判断し、用量をコントロールすることが求められるからです。

しかし、昨今の流行に乗ってGLP-1ダイエットを始めたクリニックのなかには、糖尿病の専門医を抱えていないパターンも少なくありません。確かな効果を得るためには、医師やクリニックの見極めも重要なポイントになるのです。

 

根本的な肥満の治療にならない

また、GLP-1ダイエットの最大のデメリットは「根本的な肥満の治療にはならない」ということです。

 

肥満は日々の食生活の乱れによって引き起こされます。毎日の間違った食事が、少しずつ無駄な体脂肪を増やし、やがて肥満と呼ばれる状態へと膨れ上がっているのです。

もちろん、そこに運動不足も加わっているでしょう。いわば、肥満の正体は毎日のコツコツとした積み重ね。肥満を抜本的に治療するなら、この生活スタイルそのものを改善しないといけません

 

ですが、GLP-1ダイエットの恩恵を受けられるのは、あくまでも注射を続けている期間だけです。注射をやめてしまったら、食欲はすぐに戻ってしまい、お決まりのリバウンドが待っています。

かといって注射を続けようにも、その料金は決して安くありません。多くの場合、1ヶ月で5万円から10万円といった相場です。これを長年にわたって続けるのは、現実的ではないでしょう。

 

肥満の治療に必要なのは、あくまでも生活習慣を変えること。そして、それを無理なく実行できるように、現在の生活スタイルに合った方法を指導してもらうことです。

Chie
これに関しては、私も通院していた肥満外来での生活指導のほうが、明確に優れていると思います。

GLP-1ダイエットは、あくまでも一時的な「対症療法」。永続的に肥満を改善する「根本治療」にならないことは、頭に入れておかないといけません。

 

7. GLP-1ダイエットの向いている人・向いていない人

以上を踏まえると、GLP-1ダイエットの向いている人・向いていない人はこんな感じになるかなと。

GLP-1ダイエットの向いている人
  • 忙しくてダイエットの時間を捻出できない人
  • 無理なダイエットに何度も挫折してきた人
  • 安全性を重視している人
  • 良い医師やクリニックをしっかりと見極められる人
  • 根本治療にならなくても、まずはダイエットの第一歩を踏み出したい人
  • 副作用に見舞われたとき、通院日を気にすることなく医師を頼れる人
GLP-1ダイエットの向いていない人
  • もう絶対にリバウンドしたくない人
  • 一時しのぎではなく、肥満を根本的に治療したい人
  • 現在の生活スタイルを変えたい人
  • 食事や運動に関する正しい知識を身につけたい人
  • 食欲を抑えるだけでは痩せられない重度の肥満の人
  • 生涯を通して太りたくないと思っている人
Chie
肥満を治療するきっかけとして、まずは目先の体重を落としたい人には、GLP-1ダイエットは有効な選択肢だと思います。

 

8. GLP-1ダイエットと肥満外来を比較

最後に、当サイトは肥満外来に関するブログなので、GLP-1ダイエットと肥満外来の比較もしてみます。

あくまでも私が経験したのは肥満外来のみなので、その点はご了承ください。 

 

ストレス度:GLP1-ダイエット=肥満外来

ストレスの少なさに関しては、GLP-1ダイエットと肥満外来は同じくらいかなと思います。

肥満外来では、患者一人ひとりの好き嫌いやライフスタイルに合わせて、治療の計画を立ててくれます。たとえば、お肉の苦手な人には大豆製品を中心とした食生活を提案したり、外食の多い人にはレストランでのメニューの選び方を指導してくれたり。そのため、無理なくダイエットを継続できるのが特徴です。

ただし、これにはクリニックごとの治療方針も影響してきます。私の通っていたクリニックはノンストレスでしたが、なかには食事制限や運動療法を中心とした肥満外来もあるでしょう。その場合は「注射を打つだけでOK」のGLP-1ダイエットに軍配が上がると思います。

 

時間コスト:GLP-1ダイエット>肥満外来

やはり、時間コストに関してはGLP-1ダイエットが上回ると思います。定期的に注射を打つだけでダイエットできるとなると、時間コストの少なさは脂肪吸引などにも匹敵しますよね。

忙しくて通院の時間を捻出できない人は、GLP-1ダイエットでお手軽にダイエットを始めてみるのも手ではないでしょうか。

 

安全性:GLP-1ダイエット<肥満外来

GLP-1ダイエットも極めて安全な方法ですが、これについては比べるまでもないかもしれません。

医師や管理栄養士、薬剤師、場合によってはカウンセラーなどのフォローを受けられる肥満外来は、なによりも安全な選択肢です。日々の生活から問題点を取り除いていくため、健康状態はめきめきと改善していきます。

とはいえ、同じ肥満外来でも、メスを入れる減量手術を受ける場合は別。胃を縛ったり切除したりするのはリスクも高いため、GLP-1ダイエットのほうが安全です。

 

根本治療:GLP-1ダイエット<肥満外来

肥満を根本的に治療するなら、肥満外来への通院がベストです。

先ほどもお話しした通り、肥満の原因は日々の生活に潜んでいます。それを改善しない限り、一時的に減量できたとしても必ずリバウンドするのです。あくまでも対症療法であるGLP-1ダイエットでは、生涯にわたって体型をキープすることはできません。

また、肥満外来では入念なカウンセリングや検査によって、肥満の原因となっている意外な習慣や体質までも丸裸にします。そして、原因から逆算したアプローチを考えることで、体重を効率的に落としていきます。

 

個人的には、もしGLP-1ダイエットと肥満外来で迷っているなら、最終的なジャッジのポイントは「時間の有無」になるのかなと思います。

自分の現在の仕事や生活の状況、人生のステージなどを考えた上で、時間を捻出できない人はGLP-1ダイエットから始めてみる。逆に少しでも時間を作れそうで、根本的に肥満を治療したい人は肥満外来に相談してみる。

今回の記事を参考に、自分に合ったダイエットを選択していただけたら幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

かつてはBMI35以上の高度肥満症でしたが、肥満外来に通って3ヶ月で体重11%減の激痩せに成功。今は学生時代のように美容も楽しめるようになりました。そんな私の実体験を生かし、肥満外来に関する情報を発信します。