肥満外来の治療の流れと料金・保険

Chie
こんにちは! 肥満外来経験者のChieです。

肥満外来を検討していると、必ずと言っていいほど、こんな疑問に直面すると思います。

  • 具体的にどうやって治療を進めるの?
  • 料金の相場は?
  • 保険の仕組みは?

ここでは肥満外来の治療の流れと、料金や保険の基本的な仕組みについて紹介します。

 

肥満外来の基本的な治療方法

まずは基礎のき、肥満外来にどんな種類の治療があるのか見ていきましょう。

 

5つの治療方法

肥満外来で行われる治療は、主に以下の5つです。

  • 食事療法
  • 運動療法
  • メンタル療法
  • 薬物療法
  • 外科手術

 

食事療法」と「運動療法」は読んで字のごとく、ダイエットのための食事と運動を指導する方法です。

ただし、一般的な自己流ダイエットと異なり、しっかりとしたカウンセリングや検査のもと、患者ごとに効果的な方法を的確に指導してくれます。

 

メンタル療法」ではダイエットの妨げとなるストレスを取り除き、「薬物療法」では患者に合わせた抗肥満薬や、痩せやすい体質になる漢方薬などを処方します。

異色なのが「外科手術」で、手術によって胃の容量を減らしたりして、物理的に食欲を抑制してしまう方法です。

 

肥満外来ではこれらの治療を、栄養士や心理士、薬剤師といった専門家のフォローのもと、患者一人ひとりに合わせて行なっていきます。

 

▼治療方法についてはこちらのページにもまとめてます。

肥満外来で出来ること

2018.05.01

 

3つの治療方針

さらに肥満外来では、患者の肥満度に応じて、3つの治療方針を設定します。こちらはあまり馴染みのない言葉かもしれません。

  • 情報提供
  • 動機づけ支援
  • 積極的支援
Chie
めちゃくちゃ簡単に言うと、軽度の肥満ならアドバイス程度に抑えて、深刻な肥満には積極的に治療する、ってことですね。

 

たとえば、軽度の肥満に対する「情報提供」では、肥満の悪化を防ぐための生活習慣の改善案を。

中度の肥満に対する「動機づけ支援」では、肥満の原因となっている生活の問題点を明らかにし、具体的なダイエット方法を指導します。

 

そして、重度の肥満に対する「積極的支援」では、3ヶ月から6ヶ月にわたる長丁場のダイエットプログラムを組み、計画的に治療へとあたります。

患者は毎日の食事はもちろんのこと、体重や歩数なども報告し、プログラムを継続しないといけません。

 

ちなみに、患者の希望に応じ、軽度の肥満でも積極的支援を受けることも可能です。病院ではなく法人のクリニックの場合、より柔軟に方針を決定するケースもあります。 

 

治療の目安になるBMI

では、こうした重度・軽度は、どのようにして診断されるのでしょうか。

肥満の度合いを決めるのは、日本肥満学会の定める「BMI(ボディ・マス・インデックス)」という指標です。

数値が25以上の場合に治療の対象となりますが、あくまでも目安なので、最終的にはその他の検査結果と総合して判断します。

→BMI診断はこちら

 

BMI値の見方としては、18.5未満なら痩せすぎ18.5〜25なら標準25以上なら肥満

肥満にはランクもあり、30以上は肥満2度35以上は肥満3度40以上は肥満4度、といった要領で上がっていきます。

肥満3度以上の患者は「高度肥満症」という状態に当てはまり、保険適用となるほか、抗肥満薬も処方されます。

 

肥満外来の治療の流れ

それではここからは、気になる治療の流れを紹介しましょう。

……といっても、基本的には一般の病院と大差ありません。ざっくり以下のような流れで、まずは患者に合った治療の内容を決定します。

肥満治療の流れ
  1. 問診を行い、抱えている悩みや症状を共有する
  2. BMIが25以上なのかを測定
  3. 血液検査、尿検査、心電図、レントゲンなどを駆使し、現在の健康状態と、肥満に起因する病気を抱えていないかを正確にチェック
  4. ここまでの結果に基づき、患者に合った目標体重とダイエットプログラムを作成

 

一般の病院と違うとしたらここから

風邪を引いて病院にかかった場合、基本的には「薬を処方して終わり」ですが、肥満外来の場合、治療を実践するのは患者自身です(外科手術を除く)。

クリニックの作ってくれたダイエットプログラムに従い、日々の食事や生活習慣を自分で改善していきます。

 

平均的な治療期間は、2ヶ月から6ヶ月ほど。

患者は毎日の食事や運動を記録し、定期的に通院しながら、ダイエットの指導を受けます。

期間中は、スタッフがマンツーマン体制でサポートにあたり、相談にも適宜対応。治療の経過をしっかりと観察しながら、患者に合ったプログラムの見直しも行っていきます。

 

治療の流れには例外も

ちなみに、この治療の流れですが、すべてのクリニックが等しく採用しているわけではありません

あくまでも一般論であり、細かい部分はクリニックごとの治療方針、設備の充実度などに左右されます。

Chie
たとえば、私の通っていたメディケアダイエットは、カウンセリングに1ヶ月を費やす一風変わったクリニックでした。

しかしそのお陰で、自分の性格、外食の多い生活習慣などに合わせた指導をしていただき、無理なくダイエットを継続できました。

 

▼詳しいカウンセリングの体験記はこちら

メディケアダイエット体験記 -無料カウンセリング編- たった1時間で変わった「ダイエットへの固定観念」

2018.12.07

 

肥満外来の料金相場

さて、「肥満外来に通いたい!」と思ったら、真っ先に気になるのは料金です。相場はどれくらいなのでしょうか。

……実は一言に「肥満外来」といっても、個人医院から美容クリニックまであるため、料金体系もさまざま。患者の症状や治療期間には個人差もあり、一概に相場をお伝えするのは難しいようです。

 

しかし、多くの病院は初回に血液検査、尿検査、CTなどを行うため、保険適用時でも5000円〜2万円は必要になるでしょう。あとは通院する期間に応じて、都度の治療費がかかることになります。

 

クリニックについてはピンキリですが、保険の対象外であるぶん、初診の料金は控えめな印象です。2ヶ月以上の通院になる場合は、総額10万円〜が相場になると思います。

無料カウンセリングを実施しているクリニックも多いため、まずは相談に伺ってみるのも手ですね。

 

▼私の通っていたメディケアダイエットにも、無料カウンセリングがありました。

 

保険適用の条件について

また、肥満外来では、病院での治療に限り、保険を適用できるケースもあります。

 

その対象となるのが、BMIが35以上、または肥満度が70%以上の「高度肥満症」という状態です。

高度肥満症になると、糖尿病や高血圧、動脈硬化などのリスクが高まるため、医療行為の必要性を認められます。抗肥満薬の処方を認められるのもこのライン。

ダイエットのお薬「抗肥満薬」の疑問を丸ごと解決!薬だけ貰えないの?サノレックス(マジンドール)の効果とは?

2018.11.09

 

それ以外でも、肥満を原因とする生活習慣病、いびき、睡眠時無呼吸症候群、腰痛、関節痛などの障害に悩まされている人は、保険の適用内になります。

とはいえ、最終的には医師の総合的な判断になることが多いようなので、高度肥満症に該当しない人は、まずは医師に相談してみるのがおすすめです。