肥満外来で出来ること

Chie
一口に「肥満外来」と言われても、実際にどんな治療をするのかイメージできない人も多いのではないでしょうか?

食べ過ぎ、ストレス、生活習慣、ホルモンバランスの乱れ。肥満の原因は人それぞれです。

そのため、肥満外来の治療では、入念な検査やプロによるカウンセリングによって、患者の体の状態に合った治療を考えていきます。王道の食事指導、運動指導はもちろんのこと、時にはメンタルケアや投薬、体にメスを入れる外科手術を取り入れることもあります。

ここでは、肥満外来だからこそできる5つの治療方法を解説します。

 

1. メンタル療法

精神的なストレスは、肥満の大きな原因の一つです。

特に過食やリバウンド、停滞期での挫折などは、ストレスから引き起こされるケースがほとんど。肥満外来では、患者に専属のカウンセラーをつけるなど、メンタルケアにも力を入れています。

また、ダイエット中にありがちな「我慢しきれずに食べてしまう」→「そんな自分に罪悪感を覚え、そのストレスでまた食べてしまう」のような負のスパイラルも、メンタルを少し変えるだけで、大幅な改善を期待できます。

 

2. 食事療法

最も一般的な、食事をコントロールする方法です。ただし、自己流ダイエットにありがちな過剰な食事制限は行いません

更年期の女性が肥満になりやすい理由とは?メタボリックシンドロームを引き起こす“トリプルリスク”

2018.10.16

 

食事療法では、自分の食習慣や健康状態に基づき、適切な摂取カロリー、栄養素の配分などを精査。実際に毎日の食事を記録し、栄養士などの指導を受けながら、ただ体重を落とすのではなく健康的に痩せていきます。

食生活を根本から変えるため、治療後の生活も劇的に改善されるでしょう。

 

3. 運動療法

肥満を解消するために、運動やエクササイズを指導する方法です。

激しい運動によるカロリー消費に頼るのではなく、軽めの有酸素運動を中心にメニューを組むため、運動音痴な人でも無理なく続けられます

 

目的は、体の基礎代謝を高め、脂肪を燃焼しやすくリバウンドしづらい体質を作ること。1日の消費カロリーの約7割は基礎代謝が占めるため、これは理にかなっています。

また、運動はストレス解消にも繋がるため、過食の防止も期待できます。

 

4. 薬物療法

重度の肥満や、なかなかダイエットの成果が出ない場合には、抗肥満薬や漢方、サプリメントなどを処方することもあります。

なかでも抗肥満薬は、満腹中枢に働きかけて食欲を抑制する作用を持っており、高い効果を期待できます。

ダイエットのお薬「抗肥満薬」の疑問を丸ごと解決!薬だけ貰えないの?サノレックス(マジンドール)の効果とは?

2018.11.09

 

かといって薬頼みのダイエットになってしまうと、薬をやめた途端にリバウンドしてしまうため、役割はあくまでも食事・運動療法のサポート

肥満大国と言われるアメリカではポピュラーな方法ですが、当然ながら副作用もあるため、内服にあたってはしっかりとした検査も必要です。

 

5. 外科手術

「減量手術」と呼ばれる外科手術も存在します。

これは、胃を縛ったり切除したりすることで、容量を制限し、物理的に食欲や栄養の吸収を抑えてしまう方法です。アメリカでは積極的に行われ、現時点では最も確実に痩せられる方法とも言われています。

 

一方で、術後の痛みはもちろんのこと、体にメスを入れることには相応のリスクも伴うため、決断に際しては慎重な判断が必要です。

ちなみに、美容クリニックなどで行われる「脂肪吸引」は減量手術には含まれません

 

大切なのは、信頼できるプロの治療

どんな治療を受けるとしても、大切なのは肥満の専門家による指導であること

ダイエットに関する情報が氾濫している昨今では、自己判断で間違った方法を取るのではなく、専門家の助けを借り、医学的なアプローチで減量に取り組むことの重要性が高まっています。

肥満外来のなかには、無料でカウンセリングを行なっているところも多いです。「この先生なら任せられる」と思えるようなクリニックを探して、自分に最適な治療を受けましょう。

 

▼私の通っていたクリニックはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

かつてはBMI35以上の高度肥満症でしたが、肥満外来に通って3ヶ月で体重11%減の激痩せに成功。今は学生時代のように美容も楽しめるようになりました。そんな私の実体験を生かし、肥満外来に関する情報を発信します。